フライフィッシング 通販 ショップ チェコニンフ ヨーロピアンニンフィング専門店  格安逸品バンブーロッド通販・販売

flycastingfree

フライキャスティング無料動画講座

IFFFキャスティングインストラクターの大井しょうぶが教える無料動画講座です。

入門者、初心者の方はこちらの「フライキャスティング入門無料動画講座」をます、見てください。

フライキャスティングの仕組みがおおよそ分かってきましたら、下記のダブルホール等も見て、イメージトレーニングを行ってください。

ダブルホールのイメージトレーニングです。

私、大井しょうぶのダブルホールキャスティングです。リズム感やホールのタイミングなど、イメージングしてみてください。独特の投げ方を覚えてください。この動画を見ながら一緒にシャドーキャスティングをしてみて下さい。ホールのスムーズなパワーとロッドの復元力を使い、決して力まずに出来るだけ力を抜いてキャストすることがコツです。どんなスポーツでもそうですが、イメージトレーニングで自身のセルフイメージを上げることがとても大切です。

肩、腕、体の力を抜くこと。ロッドを出来るだけ軽く持つこと。前後のリズムを一定にすること。ラインの重さを感じること。一平面上を移動すること。ロッドに仕事をさせること。

初心者の方は、あたかも私と同じようにキャスト出来ているように感じて下さい。
何度もそうイメージして動画を見てください。いつのまにか、あなたの技術はそのイメージに追いつきます。

実は、振り方を微妙に変えながらキャストしています。そのことでループの形も変化しています。検証し、確認しながらキャストしているのです。

キャスティングのスピードの変化と、シュートのタイミング

キャスティングスピードを速くしてもゆっくりでも、ループは同じであることが望ましいのです。つまり、力で投げているのではなく、ロッドの復元力によってラインを投げているのです。(もちろん、スピードを速くすればその分推進力は増しますので、タイトループになり易いのですが、スロースピードで投げても、タイトループは十分作れるのです)

シングルハンドスペイ・ジャンプロールキャスト

ロケーション:スロベニア

シングルハンドロッドでのスペイキャストやジャンプロールキャストも、コツさえ掴めば比較的容易に体得することができます。その秘訣もレクチャーします。特殊なラインは使いません。通常のDTラインやWFラインで十分可能です。これを覚えれば、あなたの釣りは益々飛躍できるでしょう!バックの取れない場所や障害物のあるシチュエーションが、楽しいものへ変わっていきます。

スイングターンキャスト

スイングターンキャスト グラファイト編

体とロッドとラインが完全に一体化できる新理論のスイングターンキャスト。そのノウハウもお教えします!このキャストを体得すれば、新たな次元のフィールドキャスティングが実現できます。

スイングターンキャスト、バンブーロッド編




フルライン、ロングディスタンスキャスト

遠投するぜ~!

IFFFキャスティングインストラクター、大井しょうぶが教える、フライキャスティング入門  フルライン~ロングディスタンスキャスト!遠投するぜ!
ご覧のように、キャスティングアーク(ロッドの角度)はかなり倒れ込んでいて、キャステインングストローク(ロッドの前後の移動距離)も大きくなっています。ロングディスタンスのキャストは、このような大きなフォームになります。アークとストロークのどちらが足らなくてもいけません。ループを確認しながら調整していきます。GoodLuck !

ほんの15分くらいの撮影時間でしたが、その間にも、自身のキャスティング映像を確認して、キャスティングフォームを修正しています。その微妙な違いが分かりますか?
ディスタンスにはいくつかのフォーム、投げ方があり、今回はその一つです。

フライキャスティングの悩みを相談する。(無料メール相談)

  • 上手く投げられない
  • ダブルホールができない
  • シュートが飛ばない
  • ラインがこんがらがる
  • メンディングができない
  • 何がどう悪いのかが、そもそも分からない

あなたが、このようなことで躓いているのであれば、
それを解決するお手伝いができると思います。

お気軽に連絡くださいね。

IFFFキャスティングインストラクター
大井しょうぶ

お名前 *
メールアドレス *
内容 *




番外編

フライキャスティングについて

心が乱れた状態では、決していいループは作れない。
丹田に気を集め、丹田に重心を落とす。

心と体の力を抜き、リラックスする。しなやかな竹のようになる。
硬い木は外圧で折れるが、竹はそのしなやかさで持ちこたえる。

ロッドと体とラインと心と大地が一体になるように集中し、無の境地にも近づき、
フロー状態に入った時、その人のキャスティングは完成する。

技術は、そういうあり方の枝葉にすぎない。


どれだけ無駄な力を抜けるか。
どれだけ雑念をなくせるか。
どれだけ一体化できるか。


フライキャスティングは、この完成に向けての素晴らしく楽しい運動なのである。



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional